エコに注目している人は、印材も

彩樺イメージ

印鑑とはんこオタクの人が気になることは、やはり、印材ではないでしょうか。
印鑑とはんこの印材には、さまざまな種類があります。
たくさんの印材の中から、好みの印材を選び出し、印鑑とはんこを作ることが出来ることも、印鑑とはんこの魅力の一つでしょう。
印材にこだわることで、予算やデザイン、手触りなど、印鑑とはんこオタクの人も納得出来るような印鑑とはんこを作ることが出来ます。

【チタン印鑑はとても注目されている新素材です】
耐久性、耐熱性に優れたチタン印鑑は、実印や銀行印などの登録する重要な印鑑におすすめです。

最近、印材として注目されているものは、エコロジーを意識したものです。
印鑑とはんこにも、地球環境を重視したものがあるのです。
環境に配慮した印鑑やはんこが欲しいと言う場合に、選択肢の一つに入るものが「彩樺のハンコ」でしょう。

彩樺とは、白樺とフェノールレジンの合板です。
加工されているため、天然の木材よりも耐久性に優れているという特徴があります。
しかも、木目と色合いも美しいため、最近注目されている印材です。
「木材のハンコが欲しい」「エコを意識して作られたハンコが欲しい」という人に勧めたいハンコが、彩樺のハンコでしょう。

現在、印材は新しいものが増えています。
彩樺も、新しい印材の一つです。
昔ながらの印材も良いですが、新しい印材に注目して見ると、印鑑とはんこの世界がさらに楽しくなるでしょう。
彩樺のハンコのように、エコを意識したものも増えていますから、印鑑とはんこオタクの人はぜひチェックをしてみてください。
エコに注目している人も、印材はチェックして欲しいポイントです。

「実印として売られているものであっても、印鑑登録をしていなければ、実印ではない」のをご存知ですか?

印鑑辞典~印鑑登録とは~のページが参考になりました。

ページの先頭へ