最高級の印材として需要の高い象牙

象牙印鑑イメージ

最高級のはんこと言えば、本象牙のはんこです。
本象牙のはんこを作れば、それは一生もののはんことしてずっと使っていくことが出来るでしょう。
象牙がはんことして適している理由は、高級感と朱肉のなじみの良さからでしょう。
象牙のはんこは、使い込むことで光沢が出て、味わいのあるはんこになっていきます。

【急ぎで銀行印がほしい方はこちらへ】
銀行印は実印や認め印とは区別して、金融関係専用の印鑑を用意してご使用しましょう。

しかし、本象牙のはんこは、今では珍しいものになっています。
それは、ゾウが絶滅の恐れのある野生動物だからです。
ワシントン条約により、国際取引が禁止されてしまっているため、条約施行前や一時的に解禁されたときの象牙を加工することしか出来ないので、珍しいものになっているのです。

象牙とは、ゾウの切歯になります。
切歯が発達したものが象牙なのです。
この象牙は、ゾウにとって非常に大切なものです。
鼻と同様に、ゾウの採餌活動に必要なものです。
しかし、象牙の美しさや加工のしやすさから、昔から工芸品の素材として使われていました。

印材として象牙を使う場合、部位によってランクが変わってきます。
ランクは、先端行くほど高くなります。
しかし、先端であれば良い印材と言うものでもありません。
中心に位置するものである必要もあります。

最高級の印材として需要の高い象牙ですが、手に入れにくいことから、代用品が生まれています。
現在、象牙のはんこの代用品として有名なものは、永久凍土から掘り出されたマンモスの牙でしょう。
マンモスの牙以外には、カバやセイウチの牙が使われることもあります。

印鑑・はんこの販売情報は豊富な印鑑サイト.com

日本人の生活のなかで印鑑は必須の道具といえます。
私たちにとって必需品である「はんこ」の選び方はこちらのサイトが参考になります。

ページの先頭へ